鎌倉が舞台の映画、海街ダイアリー


umimachi鎌倉が舞台の漫画、海街ダイアリーを見た。主人公の舞台の家の極楽寺周辺がたくさん映像に出てきたけれど、いつも野菜を買うスーパーや、歩く道が出てきて、鎌倉市民の自分にとってとても親近感わく映画だった。

ヨーロッパ映画にあるヒューマンドラマのような、家族の一部を切り取ったような映画。

海と山の自然に囲まれた鎌倉に優しく包まれて、4人の家族が優しく成長していく物語。

とてもいい映画。

umimachi2

病院の撮影シーンは実家のある富士市や、桜並木は沼津だったりと、静岡の実家近辺が撮影の舞台になっていて、とても嬉しかった。